男子オリンピックサッカー競技 Tokyo 2020

男子オリンピックサッカー競技 Tokyo 2020

2021年7月22日 - 8月7日

Men's Olympic Football Tournament

常連国のホンジュラスとメキシコが東京行きを決める

Players of Mexico celebrate after winning the 2020 Concacaf Men's Olympic Qualifying Tournament
© Getty Images
  • メキシコがオリンピックの北中米カリブ海予選で3大会連続優勝を果たした
  • エル・トリ(メキシコ代表の愛称)は東京でロンドン2012の再現を目指す
  • オリンピック男子サッカー競技は7月22日~8月7日まで開催される

ホンジュラスとメキシコは、3大会連続で北中米カリブ海代表として、オリンピック男子サッカー競技に出場する。メキシコはロンドン2012とリオ2016でもそうであったように、北中米カリブ海の王者として国際舞台で戦うことになる。

メキシコは、オリベ・ペラルタ、マルコ・ファビアン、ラウル・ヒメネス、エクトル・エレーラ、ハビエル・アキーノといった選手を擁したチームが、北中米カリブ海では初めての金メダルをウェンブリーで獲得した2012年の優勝の再現を目指している。

ホンジュラスは予選の準決勝でアメリカを2-1で破り、オリンピック出場権を獲得した。星条旗(アメリカ代表の愛称)は3大会連続して五輪出場を逃し、ロス・カトラチョス(ホンジュラス代表の愛称)は、このレベルでの常勝国としての地位を固めている。準決勝のもう1試合ではメキシコがカナダに2-0で勝利している。

決勝

メキシコ 1-1(PK5-4)ホンジュラス

東京行きの切符獲得までの道のり

最終予選を支配したメキシコ

エル・トリは最終予選の序盤から調子を上げていった。グループステージ初戦では、セバスチャン・コルドバがハットトリックを記録して、4-1でドミニカ共和国に快勝した。

ハイメ・ロザーノ監督率いるメキシコは、次のコスタリカ戦ではクリーンシートを達成して3-0の圧勝を収めた。メキシコの優勝への決意は、試合前に準決勝進出が決定していたものの、ライバルのアメリカに1-0で勝利して首位で勝ち抜いたことからもうかがい知れる。プレッシャーが高まり、重要な局面となった準決勝では、難敵のカナダを相手に後半に2ゴールを決めて勝利した。

  • 数字:メキシコは北中米カリブ海のオリンピック男子サッカー予選史上最多となる8回の優勝を果たしている。
Carlos Obregon of Honduras celebrates with his teammates after scoring the first goal 
© Getty Images

ホンジュラスは4大会連続出場

メキシコでさえも、オリンピック男子サッカー競技に4大会連続出場していない。ホンジュラスは北京2008には北中米カリブ海チャンピオンとして出場し、ロンドン2012では準々決勝、リオ2016では準決勝まで駒を進めている。ホンジュラスは東京2020では、8月7日に横浜国際総合競技場で行われる決勝に進むことができるだろうか。

数字: ホンジュラスはシドニー2000まではオリンピックに出場できなかったが、それ以降、オリンピック出場を逃したのはアテネ2004の1回だけである。

最終予選の表彰者

  • 最優秀選手:アレクシス・ベガ(メキシコ)
  • 得点王:セバスチャン・コルドバ- ゴール(メキシコ)
  • 最優秀ゴールキーパー:アレックス・バリオス(ホンジュラス)

このトピックを見てみよう

おすすめ記事